ケースのあれこれ

ジュラルミンケースの魅力

皆さんジュラルミンケースといわれると、どんなことを想像しますか?

「サラリーマンが持ってそう」「重要な時に使われていそう」「見た目がカッコいい」

などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?事実、仕事などで重要な書類や現金などを運ぶ際には必ずといっていいほど、ジュラルミンケース(アルミケース)が使われています。その理由は、使い勝手の良さ、抜群の耐久性などが挙げられます。

ジュラルミンって?

ジュラルミンとは、アルミニウムと銅を混ぜたアルミニウム合金です。

使い勝手の良さ

ジュラルミンやアルミは良く知られている一般的な金属(鉄・銅)などよりも格段に軽いため、使い勝手が良いのです。

耐久性

軽いだけでなく、耐久性も抜群です。

このようにジュラルミンケースやアルミケースはビジネスにおいて重要な安全性や機密性を十分に兼ね揃えているのです。

オリジナル
アルミケース製作

ジュラルミンケースドットコムは主にジュラルミン・アルミケースの設計・製作を行っております。

こんな時にご利用下さい

  • ジュラルミンケース・アルミケースを探しているけど、目的に合ったケースがなかなか見つからない
  • 精密機械を運ぶので、それに最適なケースを作ってくれる会社を探している
  • 内装材・外装材にこだわりがあるので、意見を取り入れたジュラルミンケース・アルミケースを作って欲しい! etc…

ジュラルミンケースドットコムはジュラルミンケース・アルミケースを作り続けてきたノウハウを駆使し、お客様にとって一番使いやすいケースをご提案します。個人様・企業様問わず、ジュラルミンケース・アルミケースを1台からオーダーメイドでお作り致します。

お問い合わせから
納品までの流れ

STEP1 見積り依頼

ご興味ある方はお気軽にお電話、ファックス、メールでお問い合わせ下さい。

055-236-9080 
055-268-2278
メールフォームはこちら

STEP2 詳細打ち合わせ

お客様のイメージに基づき、図面や仕様書を作成するためにお打合せいたします。

主な打ち合わせ内容

  • 収納物の最大寸法(横×縦×高さmm)
  • 使用形態(運搬用・保管用・機器組込用など )
  • 外装(外装材/塗装)・内装(硬質/中質/軟質ウレタン/スポンジ)
  • パーツ類の仕様(キャスター・鍵など)
  • 納期
  • 支払方法

STEP3 見積書の提出

お打合せに基づき、見積書をお客様に提出いたします。数量が多い場合は、試作品と合わせて提出することもあります。

見積の内容

  • 金額
  • 納期(納品場所)
  • 仕様
  • 支払方法

※場合によっては契約書を取り交わすこともあります。

STEP4 発注・注文

【初回お取引】

初回お取引のお客様は、原則、代金先払い(銀行振込、手数料お客様負担)担)又は代金引換をお願いしております。再取引のお客様は、納品から2ヶ月以内にお支払いただいております。

【再お取引】

前回の注文と同じ製品の場合はお打合せ内容と見積書の内容でよろしければ、発注(注文)になります。
書面(FAX、メール)での発注(注文)をお願いしております。

STEP5 製作

仕様書、図面、試作品等に基づき製作となります。
製作期間は、約3~4週間かかります。(数量、繁忙時により延びることもあります)

STEP6 出荷、納品

製品の仕様、数量、傷などを検査し、お客様のご指定期日・場所に納品します。

STEP7 請求、支払い

納品時に「請求書」をお送りします。お打合せした支払方法にて代金をお支払ください。
領収書が必要な場合はお申し付けください。(支払い確認後、発行いたします。)

ジュラルミンケース・
アルミケースのタイプ

1

標準タイプ

一般的なタイプです。深い胴部分に収納物を置き、上部をふたで塞いでしまうものです。ふたは胴部分に丁番(蝶番:ちょうつがい)でつながり、蝶番を軸にして回転運動にて開口します。ふたと胴を閉めて固定するのに錠前(じょうまえ)を使用します。鍵なしや鍵付きがあり、さまざまな種類があります。ケース形状や重心位置により、運搬用の取っ手(把手:つかみて)の取り付け場所を選び、リベットやボルトで取り付けます。また、運搬補助用にキャスターや肩ベルト、キャリーハンドルといった部品も取り付けられます。

このように収納物サイズ、用途にあったケースの製作に適しています。外装材や内装の加工といったオプションにも対応しています。すぐに使いたいというお客様や低価格で早期納品のために、良く使われるサイズを定番として販売しています。

2

ケーキ箱タイプ

このタイプは重量物の運搬、保管によく利用されます。このケースの特徴は深さ(マチ)の浅い「胴」と深さのある「ふた」は丁番ではつながっておらず、分離した状態になっています。錠前を外しふたを上部へ引き抜くような開け方をします。収納物は胴部(底部分)の上に乗っています。一般にふたに直角手や取っ手がつけられ、ふたを外したり運搬する際に使用します。また底に運搬用のキャスター(コロ)を取り付け、移動を容易にします。

主に重量物、高さのある機器、横にできない収納物の運搬、保管用に使用されています。

3

ラックタイプ

ラックタイプケースは主に電子機器(計測器)や音響機器といった機器の裏からコード等が出ているものを収め、機器をケースに設置したまま使用するものに適しています。センター部分が胴部分で底とふたが外せたり、丁番でつながった状態で最大開口して使用されています。胴のセンター部分を利用して、スピーカーの一部として野外でのコンサートに利用されているものもあります。また重く大きなものを収納する場合、ふたやセンター部はそのまま引き抜いたり、分裂(組み立て式)などにして使用されています。

ケースを運ぶ場合はキャスターを付けたり、センター部側面やふた上部に直角手などを取り付けて使用しています。

4

観音開きタイプ

観音開きタイプは開口部が広いため、フライトケース、カメラケースや工具箱(ツールボックス)、メイク用、医療用、スポーツ用などに使用されています。

内装でも内箱を2段、3段積み重ねたり、間仕切りといった加工もでき、用途が広がります。ただし、重量物や大型のケースには向いていません。運搬する場合、ふた上部に取っ手をつけることが多く、ふたの強度的にある程度の重量にしか耐えられないため、小型ケースの場合に限られます。

内装材・外装材・内装の種類

内装材

外装材

内装の種類

〒400-0123
山梨県甲斐市島上条1466-8-101

定休日:土・日・祝・当社指定日

※FAX、Mailは24時間受付しております。

TEL:055-236-9080FAX:055-268-2278